FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

これまでの里親支援活動 ① 養育相談と自立支援

春風の候、いかがお過ごしでしょうか。


里親リクルーターのMです(・Д・)ノ


親ブログであるつくば香風寮のブログsofaではつくば香風寮の里親支援活動の様子を度々報告して参りましたが、


今回は万を持して、新しいブログでもその活動を報告していきたいと思います\(//∇//)\



paper-3213924_640.jpg




つくば香風寮として、茨城県より里親支援機関に認定されてから4月で6年目に突入します。


昨年は新たにフォスタリング事業の一つである、


【里親制度普及促進・リクルート事業】を受諾致しまして、


里親制度の広報リクルート活動におきましても、さらに力を入れていくことになりました。


もちろん、受諾前からも広報リクルート活動は積極的に活発に行ってきたことは、


親ブログでの投稿でもわかって頂けていると思います。


これからも頑張っていきますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3





さて、当初は何をやっていいかわからず手探りの中、地域の里親会活動に飛び込み、


いろいろ話を聞くところから、つくば香風寮の里親支援事業は始まりました。


その中で何か自分にできないことはないかと考えた結果、


やはり子どもの養育で悩む方が多い現状、


子どもの養育について少しでも力になれることはないか、施設養育で得た経験が活かせないかと考え、


養育相談自立支援(専門的な事業所と連携)をメインとした


今の活動をスタートさせました(*^_^*)


施設入所してくる子どもは虐待の傷を負っていたり、大人への不信感に満ちていたり、他者とのコミュニケーションに


課題を抱えていたりと、大人としては安定した生活の提供と共に、治療的養育の環境の整備専門的なケアの質を上げていくことが重要となっています。


私としては里親家庭においても、安定した家庭環境の提供と、適切なアセスメントをから見られる子どもの見立てを共有し、


子ども一人一人のストレングスを肯定的に認め、ペアトレ理論の養育姿勢をベースに、


少しでも里親さんの力になれるよう養育相談に携わってきました。


おかげさまで、地区里親さんにおいては一定の信頼を頂けるまで至ったかと感じています((⊂(^ω^)⊃))



また、自立支援においても、施設からの就労・進学を支援してきた経験と奨学金情報をもとに、里親さんにおいても高校3年生の


スタートの時期から、進学・就労にむけたスケジュールを立て、支援してきました。


18歳で社会にでることは精神的にも経済的にも困難があります。


それを豊富な情報量をベースにサポートしていくことが自分たちの役割と考えています。


また、少しでも多くの子どもが自己実現できることが、子どもにとっての最善の利益だと考えます。


奨学金・助成金の情報がないばかりに、知らないばかりに子どもの進学のチャンスを逃させてしまった・・・


そのようなことのないように、サポート側はしっかりと情報の把握と提供が必要になってきます。
(サポート側も勉強ですね)


子どもの自己実現のサポート、その意識を忘れずに、今後とも取り組んでいきたいと考えています。


次回は、里親サロン・里親交流会について書いていきたいと思います。




スポンサーサイト



これまでの里親支援活動 ② 里親サロン&交流会

春風の候、いかがお過ごしでしょうか。


里親リクルーターのMです(・Д・)ノ


今回はつくば同仁会が企画してきた地域の里親さん同士の交流を活発にするためのサロンや交流会について紹介します。




(里親サロン)

つくば同仁会の里親サロンは通称【さくら】と言いまして、月1回第4月曜日午後に実施しています。


   ☟ 里親サロン【さくら】の案内と様子です☟

2020 里親サロン

DSC_0043.jpg


今年で4年目になるでしょうか。主に管轄地区の里親さんを対象としていますが、


管轄地区外の里親さんも参加しています。


このさくらの目的は里親さん同士のつながり、里親さんと私たちのつながりを作ること、


要するに、どこともつながりのない里親さんを減らすことになります。


施設養育は閉鎖的な側面もありますが、一定の養育者のもと家庭内での養育が中心となる里親家庭も


施設同様閉鎖的、孤立的になりがちであります。


現に、不適切な関わり(虐待)も割合としては里親家庭での発生が多いというデータも出ています。


その為、少しでも関係機関や養育仲間を作ることで、ときに愚痴を言い合い、その中で自分自身の養育を振り返り、


適切な子どもへの養育へとつなげてほしいと考えています。




(さくら交流会)


さくらの交流会は年に二回行っています。


毎年6、11月に近隣のキャンプ場内のBBQ施設にて、BBQやカレーを作って楽しんでいます。


ここでは里母さん以外の里子、里父もさんも集まり、それぞれが交流を深める場にしています。


毎回大勢の方に来ていただいて、盛大に行っています。


もちろんキャンプテイスト満載で、飯盒でお米を炊いたり、普段はできない凝ったカレーを作ったり
(*完全に私の趣味ですが・・(ノ´▽`*)b☆・)


楽しくやらせて頂いています。


都合があえば児童相談所のCWさんも来てくださり、とてもよい交流の場になっています(#^.^#)

   
   ☟ 里親サロン【さくら】交流会の案内と様子です☟

ブログ カレー

ブログ DSC_00111_8



サロンに関しては「どこともつながりのない里親さんをなくしたい」と考え、

県の登録里親、民間委託の里親、関係なく、皆さんのお茶飲み、雑談の場の提供として活動してきました。

常時5~6名ほどの里親さんが来て頂き、ささやかな時もあれば、にぎやかな時もありと、皆様に支えられながら活動しています。




こんな感じで活動してきました。


私は昨年度途中から、里親SW⇒里親リクルーターとなりましたので、後任の里親SWにこれを引き継いでいきますが、


変わらず参加していきます!!



これからも地域の里親さんとともに活発に活動していきたいと思っていますので、


今後ともよろしくお願い致します(=゚ω゚)ノ


次回は里親制度普及促進・リクルート事業についてお話します!!


里親講座をしています🌸~アタッチメントの大切なおはなし①~


皆さん、ごきげんよう!!
今日もご覧いただき、ありがとうございます🌼



先日、大洗町にある『大洗磯前(いそさき)神社』さんへ

参拝させていただきました

年始の初詣以降、神社巡りに行けなかったので

こうして参拝できることに感謝でした♡


茨城県内でも有名なパワースポットです⛩

神社から見える日の出がとても綺麗なことで有名だそうです🌞


近くには乳児院の子ども達も毎年お邪魔している

アクアワールド大洗水族館🐠🐡🐬があります!


20200721_104010.jpg
空気が澄んでいてとても落ち着くところでした
開運のおすそ分けです✨

「私は運がいい!」と自分で常日頃思っていますが
(近年おみくじは大吉しか引いていません😆)

皆さんは自分は運がいいと思っていますか?

Panasonicを創った経営の神様である

松下幸之助さんは

人材採用の面接の際、

「あなたは自分が運が良いと思いますか?
それとも悪いと思いますか?」


聞いていたそうです。

その時、「自分は運が良いと思う」と

答えた人を採用したのだそうです。

自分で運が良いと思っている人は

その後も本当に運が良くなると

松下幸之助さんは信じていたそうです。

私もそう信じています。


また、運動をすると運気も上がるそうです!

運を動かす、と書いて 運動 ですから!!

筋トレがしたくなってきましたね🥰✨




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



さて、今回はとても大切な

愛着(アタッチメント)のおはなしをしたいと思います


今回は

さくらの森乳児院の心理療法担当職員である

窪木さんに協力してもらい

この記事を書いています


実際に

乳児院でマッチング中の里親さんへ

心理療法担当職員が講座をするときに

お話している内容です


里親さんだけでなく

たくさんの人に知ってほしい!と思いましたので

ブログでシェアさせてほしい、と

お願いしたところ

快諾していただきました\(^o^)/♪



皆さんは

愛着 アタッチメント

という言葉は聞いたことがありますか??


愛着形成 愛着関係

愛着障害 愛着の対象

愛着が湧く などなど

上記のような言葉を

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか


今回は アタッチメントとは何か? ということを

お話したいと思います



スクリーンショット (45)
実際のスライドです☝

スクリーンショット (36)


まだ自分で動くことや話すことのできない赤ちゃんは

大きな声で泣いたり

じっと見つめたりすることで

養育者を求め、

養育者にくっつく(=attach)ことで

安心を得ることができ、

お世話をしてもらうことで満足感を得ます。



そのような相互的な関わりを

繰り返しながら

(子育てはこういった関わりを日々繰り返していますよね💡
子ども達はその日々の経験を確実に積み重ねていっているのです
日常の中での繰り返し行われるやり取りには大きな大きな意味があるのです!!)

子ども達は特定の対象者(養育者)との間に

強い情緒的な絆・結びつきを形成
していきます。

これがアタッチメント(愛着関係)です!

はじめは泣く、見つめる、にこっと笑うなどのサインを

養育者が積極的に受け取ることで

愛着が成立していきますが

少し大きくなって動けるようになってくると

自分から近付いたり

泣かずに声を出したりすることで

養育者にサインを出すようになります。

それらのサインをたくさんキャッチしてもらい、

不快な気持ちを取り除いてもらったり

不安な気持ちから安心した気持ちになったり

たくさん遊んでもらって楽しい気持ちがいっぱいになったり

していくと、

今度は養育者を心の支えにして

外の世界へ勇気を持って遊びに出かけて行くことが

できる
ようになります。

スクリーンショット (38)

この『外の世界』すなわち『養育者から離れた世界』は、

子ども達の目線で見ると

予期せぬ怖いこと、ビックリすること、大発見で溢れています。

そのような事態に出会ったときには

子ども達はまた、養育者へサインを出します📢

このサインに養育者に応えてもらえると、

子ども達は再び勇気を取り戻し、

遊びや冒険に出かけて行くことが可能になります。


このように 子ども達がサインを出す→

養育者がそれに気が付き応える!

という流れを繰り返すことによって、

信頼関係は築かれ、

同時に子ども達は

「ママやパパがいてくれると安心できる」

「呼んだら来てくれるし助けを求めたら応えてもらえる」

「ママやパパは僕・私のことを見てくれている、

気にしてくれている、愛してくれている」

という確信を積み上げていく
ことになります!



こうして、人が生きていく上で

とても大切なことを学んでいくのです🌸🌸🌸

アタッチメントがどんなものか、

お分かりいただけましたら幸いです💡


施設でお預かりしている子ども達に対しても

アタッチメントの観点から

関係作りをしています。



次回は、

より具体的にアタッチメントについて

取り上げます! 次回もお楽しみに🌼


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@