FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

児童虐待を考える④~虐待のリスク要因~

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼




梅雨入りとなりましたが☔

ジメジメと暑かったり

猛暑日となったりしていますね🌞

すぐに部屋の湿度が高くなるので、

室温管理が難しいです💦

無理をせず、エアコンを使用しましょう!

蚊も出てきました🦟

今年も蚊とのたたかいが始まっています…。

すでに何か所も刺されていて集中力を削がれるので

虫よけも徹底したいと思います✊✊




flowers-2062232_640.jpg




「児童虐待」について取り上げる4回目です。

今回は、虐待のリスク要因についてお伝えします。

前回、リスク要因として4つの視点があると述べました。

その4つの視点からどんなリスク要因があるのかを

1つずつお伝えします。



〇保護者側のリスク要因

・妊娠そのものを受容することが困難
 (望まない妊娠)

・若年の妊娠

・子どもへの愛着形成が十分に行われていない
 (妊娠中に早産等何らかの問題が発生したことで
 胎児への受容に影響がある。子どもの長期入院など。)

・マタニティーブルーズや産後うつ病等精神的に不安定な状況

・性格が攻撃的、衝動的、あるいはパーソナリティの障害

・精神障害、知的障害、慢性疾患、
 アルコール依存、薬物依存など

・保護者の被虐待経験

・育児に対する不安(保護者が未熟等)
育児の知識や技術の不足

・体罰容認などの暴力への親和性

・特異な育児観、脅迫的な育児、
子どもの発達を無視した過度な要求    等



保護者が精神的に未熟である場合は、

育児に対する不安や

日常的な生活ストレスが蓄積しやすくなるそうです。


なお、近年の傾向として、

食事が遅いとか泣き止まないなどの

その年齢であればごく正常な発達を示しているようなことであっても

保護者がそうした知識を持たないために苛立ってしまい、

虐待行為に至ることもあるので注意が必要です。



〇子ども側のリスク要因

・乳児期の子ども

・未熟児

・障害児

・多胎児

・保護者にとって何らかの育てにくさを持っている子ども  等


周りのサポートや

養育の知識・技術がより必要なお子さんもいます。

これらが欠けてしまうと

養育者にとって何らかの育てにくさを感じる要因になりかねません。

専門的知識も必要になってきますので、

専門機関へ養育相談ができる環境を整え、

行政や民間の福祉サービスを受けられるよう

支援していくことも重要です。



〇養育環境のリスク要因

・経済的に不安定な家庭

・親族や地域社会から孤立した家庭

・未婚を含むひとり親家庭

・内縁者や同居人がいる家庭

・子連れの再婚家庭

・転居を繰り返す家庭

・保護者の不安定な就労や転職の繰り返し

・夫婦間不和、配偶者からの暴力(DV)等
不安定な状況にある家庭            等


養育環境のリスク要因としては、

家庭の経済的困窮と社会的な孤立

大きく影響しています。

孤立した家庭は、子育ての情報を持たなかったり、

情報にアクセスできない状況にあり、

そのことがリスクをより高めると言われています。

逆に、情報が溢れていることで、

どの情報を信じればいいのかが分からない、という方も

情報化社会の近年では多いようです。

また、支援のための社会資源が地域社会に不足している

場合もリスクを高める要因の1つです。



〇その他虐待のリスクが高いと想定される場合

・妊娠の届出が遅い

・母子健康手帳交付

・妊婦健康診査受診

・乳幼児健康診査受診

・飛び込み出産

・医師や助産師の立ち会いがない自宅等での分娩

・きょうだいの虐待歴

・関係機関からの支援の拒否    等


胎児及び自分自身の健康の保持・増進に努めないことや

必要な診査を受診しない、させないことなどは

虐待リスクがあると考える必要があります。


子どもの虐待死で一番多い年齢が

0歳0ヶ月0日です。

生まれたその日に亡くなるケースが

半数の割合を占めていることが多く、

妊娠中に適切なサポートが得られず、
(自ら拒否している場合もあります)

SOSも出せずにいた状況に置かれている方が多いことを

意味しているかと思います。


≪出典≫
厚生労働省『子ども虐待対応の手引き』



さまざまなリスク要因があることが分かりました。

いくつか当てはまっていたとしても、

支える家族がいたり

地域社会とのつながりがあったりすることで

防ぐことができているご家庭もあると思います。

個人的にも、孤立していることはとてもリスクだと思いました。

誰かとつながっていれば、

生まれるまで妊娠に気づかない、なんてことはないと思います。

ですが、家族と同居していても

互いに無関心でいたりすれ違いの生活を送っていたりすると

気づけないのかもしれません。

精神的なつながりもとても大切なことだと思います。

相談したり、一緒に悩み考えてくれたりする

信頼できる関係の人が1人でもいれば

違うのかもしれません。

1人ひとりに支援を届けるには、

やはり、専門機関がしっかりと連携し、

それぞれの役割を十分に果たしていくことだと

改めて思いました。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

スポンサーサイト



児童虐待を考える③~虐待はなぜ起こるのか~

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼




つくば市はブルーベリーの生産がさかんです!

今の時期、地元のスーパーには

つくば産のブルーベリーがたくさん並んでいます。

旬のものを食べると元気が出ますよね!

太陽をいっぱい浴びて育ったブルーベリーから

たくさん栄養をいただいています✨

茨城といえば、メロンの名産でもあります🍈

スイカもすでに出始めており、夏を感じます🌞

茨城県産の果物や野菜は本当に美味しいです!

茨城県に生まれて良かったな~と思う瞬間です🤤💛

とてもありがたいです🥰


fruit-3571090_640.jpg





今回も「児童虐待」について取り上げます。

3回目の今日は、虐待が起こる原因はなにか?

虐待が起こる原因やリスクを分かっていれば、

予防策をとることができます。

とはいえ、虐待の判断や介入は

さまざまな専門機関が情報を共有しながら連携して

対応することが必須です。

もし、虐待を受けている疑いがある子を見つけたら、

1人で悩まず、判断せず、

(ダイヤル189)最寄りの児童相談所へ

つながりますので、ご連絡下さい。



厚生労働省が平成25年8月に発表した

「子ども虐待対応の手引き」を参考にしています。





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆





〇児童虐待はなぜ起こるのか

虐待は、身体的・精神的・社会的・経済的等の要因が

複雑に絡み合って起こる
と考えられています。

しかし、それらの要因を多く有しているからといって、

必ずしも虐待につながるわけではありませんよね。

虐待のおそれを適切に判断するためには、

リスク要因とともに、

虐待を発生させることを防ぐ家族の強みとのバランス

を意識してアセスメント(評価)することが重要です。

一方で、虐待する保護者には、

経済不況等の世相の影響

あるいは少子化・核家族化の影響からくる未経験や未熟さ
(頼れる親族が身近にいない、
いたとしても関係が良くなくて頼ることができない場合も多いです)

育児知識や技術の不足
(赤ちゃんと接するのは我が子が初めて!という方も多いです)

さらに世代間連鎖等多岐にわたる背景が見られます。

地域社会からの孤立や人的なサポートの希薄さも

重要な要因となっています。

これらのリスク要因を早期から把握して支援につなぐこと

虐待の発生予防となり、

子どもの生命と人権を守り、

子どもの健全な成長・発達を保障することにつながります。

そのためには、

虐待はどこにでも起こりうるという認識にたち、

一般子育て支援サービスを充実させること

が重要です。



〇虐待のリスク要因とは?

虐待が起こる原因として、

健やか親子21検討会報告書(平成12年11月)では

以下のように述べており、参考になります。


(1)多くの親は子ども時代に大人から愛情を受けていなかったこと
(子ども時代に大人の愛情を受けていなかったなどの事情があった場合でも
その後に誰かから適切なサポートあるいはケアを受けることで、
安定した子育てをできる場合が多いことにも留意が必要です💡)

(2)生活にストレス(経済不安や夫婦不和や育児負担など)が
積み重なって危機的状況にあること


(3)社会的に孤立化し、援助者がいないこと

(4)親にとって意に沿わない子であること
(望まぬ妊娠・愛着形成阻害・育てにくい子など)

上記の4つの要素が揃っていることが指摘されています。

このため、これら4要素が揃わないよう働きかけることが効果的

と考えられます。

親や保護者の社会的孤立を無くすため、

援助者が相談相手になることで虐待は軽減されます。


そしてあらゆる社会資源を導入して

生活のストレスを軽減。
(社会資源があることを知らなかったり
手続きのやり方が分からなかったりする方もいます。
だからこそ、援助者が市町村とつなげたり
関係機関が連携してつながることが必要なのです)

もし、子どもの健康問題がある場合には

親の負担をかけることなく改善し、

再発を防止することが必要です。

このような育児支援を、出生直後から

親に対して行うことにより、

虐待の予防につながる
と言われています。


つまり、虐待の発生要因についてまとめると

①保護者側のリスク要因

②子ども側のリスク要因

③養育環境のリスク要因

④その他虐待のリスクが高いと想定される場合

と、なります。


≪出典≫
厚生労働省『子ども虐待対応の手引き』



今回お伝えしたように、

さまざまな原因が絡まって起こると言われています。

ただでさえ、育児というのは大変です。

私たち専門機関が支援していくことも大切ですし、

より子育てのしやすい社会を1人ひとりが

作っていくことも必要だと感じます。



次回はさらに詳しくリスク要因について

お伝えします💡

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

児童虐待を考える②~虐待の子どもへの影響~

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼




毎日暑くなってきましたね(;^ω^)

少し外をお散歩するだけで汗だくです💦

子ども達も外遊びのときは水筒を持って

帽子をかぶっています👒

すでに油断ならない暑さですので、

皆さん、くれぐれもお気をつけください🌞

こまめに水分補給と休息を!!



still-life-3394843_640.jpg



さて、今回も「児童虐待」について取り上げます。


2回目の今日は、虐待が子どもにどんな影響を与えるのか?

についてです。

厚生労働省が平成25年8月に発表した

「子ども虐待対応の手引き」を参考にしています。

※今回はさまざまな虐待の具体例なども

そのまま表記しておりますので、

ご覧になるにあたっては予めご注意下さい。




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。




虐待の影響は、

虐待を受けていた期間、虐待の様子、

子どもの年齢や性格等によりさまざまです。

身体的影響、知的発達面への影響、

心理的影響について、いくつかの共通した特徴が見られるそうです。


①身体的影響
打撲、切創、熱傷など外から見てわかる傷
骨折、鼓膜穿孔、頭蓋内出血などの外から見えない
栄養障害や体重増加不良、低身長など。
愛情不足により成長ホルモンが抑えられた結果、
成長不全を呈することも。
こうした子どもは、一時保護された後の短期間で
大幅な身長の伸びや体重増加を示すことがあります。

身体的虐待が重篤な場合には、
死に至ったり重い障害が残る可能性があります。


②知的発達面への影響
安心できない環境で生活することにより、
落ち着いて学習に向かうことができなかったり、
ネグレクトの状態で養育させることで、
学校への登校もままならない場合がある。
そのために、もともとの能力に比しても
知的な発達が十分に得られないことがあり
ます。

虐待する養育者は子どもの知的発達にとって
必要なやりとりを行わなかったり、
逆に年齢や発達レベルにそぐわない
過大な要求をする場合があり、
その結果として
子どもの知的発達を阻害してしまうことがあるそうです。


③心理的影響
ア…対人関係の障害
子どもにとって最も安心を与えられる存在であるはずの保護者から
虐待を受けることにより、
子どもは欲求を適切に満たされることのない状態となります。

そのため、子どもは愛着対象(保護者)との
基本的な信頼関係を構築することができなくなり、
結果として他人を信頼し愛着関係を形成することが困難となり、
対人関係における問題を生じることにつながってしまいます。

対人的に不安定な愛着関係となって矛盾した態度をとったり、
(相手を突き放すような言動など)
無差別的に薄い愛着行動を示す場合があります。
また、保護者以外の大人と関わったときに、
虐待的な人間関係を反復する傾向を示すことも。


イ…低い自己評価
子どもは、自分が悪いから虐待されるのだと思ったり、
自分は愛情を受けるに値する存在ではないと感じたりする
ことがあり、
そのため自己に対する評価が低下し、
自己肯定感を持てない状態となることがあります。


ウ…行動コントロールの問題
保護者からの暴力を受けた子どもは、
暴力で問題を解決することを学習し、
学校や地域で粗暴な行動をとるようになることがあります。

そのために攻撃的・衝動的な行動をとったり、
欲求のままに行動する場合があります。


エ…多動
虐待的な環境で養育されることは
子どもを刺激に対して過敏にさせることがあり、
そのために落ち着きのない行動をするようになります。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)に似た症状を示すため、
その鑑別が必要となる場合もあり。


オ…心的外傷後ストレス障害
受けた心の傷(トラウマ)は適切な治療を受けないまま
放置されると将来にわたって
心的外傷後ストレス障害(PTSD)として残り、
思春期等に至って問題行動として出現する場合があります。


カ…偽成熟性

大人の顔色を見ながら生活することから、
大人の欲求にしたがって先取りした行動を
とるような場合があります。

さらには精神的に不安定な保護者に代わって、
大人としての役割分担を果たさなければならない
ようなこともあり、
ある面では大人びた行動をすることがあります。
一見よくできた子どもに思える一方で、
思春期等に問題を表出してくることもあります。


キ…精神的症状
反復性のトラウマにより、
精神的に病的な症状を呈することがあります。

例えば、記憶障害や意識がもうろうとした状態、
自分が自分の心や体から離れていく状態等が
見られることがあり、
さらには強い防衛反応としての解離が発現し、
まれには解離性同一性障害に発展する場合もあります。



上記のように、

虐待は子どもの心身に深い影響を残し、

その回復のためには長期間の治療やケアが

必要となります。


≪出典≫
厚生労働省『子ども虐待対応の手引き』




虐待が子どもに与える影響について

ご理解いただけましたでしょうか。

とはいえ、どのような影響があるのかは

1人ひとり違います。

何がトリガーとなって虐待のフラッシュバックが起こるのかも

分かりません。

だからこそ、日々子どもたちの様子を観察し、

適切な関わりをしていく必要があります。

衣食住を保障し、

安心・安全な環境で日々の暮らしをしていくことが

何より大切になってきます。

ましてや、子ども時代をどう過ごしてきたかが

今後の人生に大きく影響しますので、

私たち施設の職員や里親さんが

子どもたちに与える影響も大きいです。

それらを自覚した上で、

日々の養育、暮らしを送っています。

大人も一緒に悩んで、もがいて、

苦しんで、

楽しいことも嬉しいことも共有して

過ごしています(^^)



次回は、虐待が起こる原因・リスクについてです💡



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

児童虐待を考える①~児童虐待とは?~

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼




徐々に日常生活が送れるようになってきていますね🌞

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

とはいえ、感染予防は引き続き行い、

コロナ前の生活と同じように!というわけにはいきませんが

しっかりと対策をした上で、日常を楽しんでまいりましょう!!



campfire-1031141_640.jpg
※人は焚火を見ると安心するそうです🔥
パチパチという音、煌々と燃える炎、
ゆったりとアウトドアを楽しむのもいいですね(*´▽`*)






さて、今回は「児童虐待」について取り上げます。

昨今、子どもに関するさまざまな悲しいニュースが

報道されており、

心を痛めている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

里親をご希望される方の中にも、

こうしたニュースを見て、「何かしてあげたい!」と

行動を起こしてくださっている方もいます。

私達の広報活動に賛同してご協力してくださる

企業や団体の方々も

少しでも子ども達のためになるなら!と

ご理解・ご協力をしてくださっています。

きっとこのブログをご覧の方の中にも、

何かしてあげたいけど、

何をしたらいいか分からない…という方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

まずは、知ってください。

子ども達にどんなことが起こっているのか、

虐待とは何なのか、

予防するにはどうしたらいいのか。

1人ひとりが知り、考え、行動し、

支え合っていければいいのではないかと思います。




今回から数回に分けて、虐待がなぜ起こるのか、

虐待をされた子どもにはどんな影響があるのか、

虐待を疑ったり発見したりした時はどうすればいいのか、など

児童虐待についてさまざまな観点から

考えていけたらと思います。

今回は、厚生労働省が平成25年8月に発表した

「子ども虐待対応の手引き」を参考にしています。

※今回はさまざまな虐待の具体例なども

そのまま表記しておりますので、

ご覧になるにあたっては予めご注意下さい。





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



①虐待の定義とは・・・?


そもそも虐待とは何なのでしょうか?

何をしたら虐待になるのでしょうか?

“しつけ”として虐待をしてしまう大人もいます。

それはなぜなのでしょう?

「自分もそうやって育ってきた」

と、おっしゃる方もいます。

“世代間連鎖”と言われるものです。
(このお話もまた奥が深いので後ほど…)




児童虐待防止法第2条において、

「この法律において、『児童虐待』とは、保護
(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)が
その監護する児童(18歳に満たない者をいう。以下同じ。)
について行う次に掲げる行為をいう。」
と規定されています。

大きく4つの行為に分けられています

一 身体的虐待
・打撲傷、あざ(内出血)、骨折、頭蓋内出血などの頭部外傷、
内臓損傷、刺傷、たばこなどによる火傷などの
外傷を生じるような行為。

・首を絞める、殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、
激しく揺さぶる、熱湯をかける、布団蒸しにする、
溺れさせる、逆さ吊りにする、異物をのませる、
食事を与えない、戸外にしめだす、
縄などにより一室に拘束するなどの行為。

・意図的に子どもを病気にさせる。  など


二 性的虐待 
・子どもへの性交、性的行為(教唆を含む)。

・子どもの性器を触る又は子どもに性器を触らせるなどの性的行為(教唆を含む)。

・子どもに性器や性交を見せる。

・子どもをポルノグラフィティーの被写体などにする。  など


三 ネグレクト
・子どもの健康・安全への配慮を怠っているなど。
例えば、
(1)重大な病気になっても病院に連れて行かない、
(2)乳幼児を家に残したまま外出する、
なお、親がパチンコに熱中したり、買い物をしたりするなどの間、
乳幼児等の低年齢の子どもだけを家に残したために
火災で子どもが焼死したりする事件も、
ネグレクトという虐待の結果であることに留意すべき。

・子どもの意思に反して学校等に登校させない。
子どもが学校等に登校するよう促すなどの
子どもに教育を保障する努力をしない。

・子どもにとって必要な情緒的欲求に応えていない(愛情遮断など)。

・食事、衣服、住居などが極端に不適切で、
健康状態を損なうほどの無関心・怠慢、など
例えば、
(1)適切な食事を与えない、
(2)下着など長期間ひどく不潔なままにする、
(3)極端に不潔な環境の中で生活をさせる、など。

・子どもを遺棄したり、置き去りにする。

・祖父母、きょうだい、保護者の恋人などの同居人や
自宅に出入りする第三者が
一、二又は四に掲げる行為を行っているにもかかわらず、
それを放置する。など


四 心理的虐待
・ことばによる脅かし、脅迫など。

・子どもを無視したり、拒否的な態度を示すことなど。

・子どもの心を傷つけることを繰り返し言う。

・子どもの自尊心を傷つけるような言動など。

・他のきょうだいとは著しく差別的な扱いをする。

・配偶者やその他の家族などに対する暴力や暴言。

・子どものきょうだいに、一~四の行為を行う。  など



虐待は保護者の意図の如何によらず、
子どもの立場から、
子どもの安全と健全な育成が図られているかどうか
に着目して
判断すべき、とあります。


暴行や体罰を“しつけ”と主張する場合がありますが、
これらの行為は子どもにとって効果がないばかりか
悪影響をもたらすものであり、
不適切な行為であることを認識しておかなければなりません。


≪出典≫
厚生労働省『子ども虐待対応の手引き』



私個人としては、
「自分は絶対に虐待なんてしないから大丈夫。」
という意識が一番怖いと思います。

施設職員として子ども達と接していますが、
日々、子どもへの声かけや対応を振り返り、
周りの職員と共有し、相談したり
対応を変えたりすることもあります。

担当児がどうしても泣き止まない時は
他の職員に代わってもらうこともたくさんありました。

決して子育ては1人ではできないし、

1人でするものではない、と思いました。


周りに頼れる親族がいない、

どこに相談したらいいか分からない、と思っている

保護者の方もたくさんいるのではないかと思います。


全国共通の児童相談所へのダイヤル「189」や

市町村の窓口、お友達、

児童家庭支援センター、児童福祉施設、

保育園、幼稚園、学校、病院、警察、などなど

必ず助けてくれる機関はあります。

私達も積極的に情報を発信していくことで、

困っている方やその周りにいる方が

SOSを出せるようにしていきたいと思います。


次回は、虐待による子どもの影響について、です。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

令和2年度養育里親基礎研修について

こんにちは。

里親リクルーターのMです。


茨城県においては感染症対策がステージ1となり、徐々に以前の日常をとり戻しつつあるようですが、

第2波への懸念は拭えず、新しい生活様式のもと、日常生活を送っていくようになりますね。


そんな中、ようやく今年度の里親登録のための研修会の見通しが立ってきました。

里親登録のためには法定研修として「里親基礎研修」「里親認定前研修」とそれぞれに実習の受講が必須となります。


その最初の里親基礎研修は最終的に日程調整をしている段階でございます。

もし、里親登録を希望される方がいましたら、ご連絡ください。

研修を受講するためには、管轄の児童相談所による研修前のガイダンスが必要になってきます。

お早めにどうぞ!!

*ちなみに例年ですと、法定研修は年二回ございます。
 今年度の二回目の研修の日程は未定です。

また、里親支援機関であるつくば香風寮においては「里親制度について」詳しく話を聞きたい方のご連絡もお待ちしています。
(児相で行うガイダンスではございません)

よろしくお願いいたします。


歯と口の健康週間

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼




つくば香風寮では子どもも大人も卓球が流行っていますが

もう一つハマっている遊びがあります🏓


それは、ドッジボールです


室内では卓球、外ではドッジボールをやって

遊んでいることが多いです!

3人いればできるので

ボールを投げたりキャッチしたりして盛り上がっています♪

とてもいい運動になりますね!

やっと学校にも行き始めた子どもたち。

よく食べてよく運動して

よく眠って、基礎体力を上げてほしいと思います!

私は最近、体組成測定をして筋肉レベルが1アップしました\(^o^)/✨



toothpaste-1446156_640.jpg




さて、今回は「歯と口の健康週間」について取り上げます🦷


日本歯科医師会が「6 (む) 4 (し)」にちなんで

6月4日を「むし歯予防デー」と、しました。

そのため、6月4日から6月10日は

「歯と口の健康週間」
となっています🦷


『この週間は、

歯と口の健康に関する正しい知識を

国民に対して普及啓発するとともに、

歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、

併せてその早期発見及び早期治療等を徹底することにより

歯の寿命を延ばし、

もって国民の健康の保持増進に寄与することを目的とする。』

≪出典≫
日本歯科医師会「歯と口の健康週間」より

と、なっています。


日本歯科医師会、日本学校歯科医会、

厚生労働省、文部科学省が中心となって実施しています。


歯と口に関する情報を発信したり、

歯みがきの仕方を指導したり、

歯と口に関するさまざまな測定や相談などを

全国で行っているようです。


この週間のための標語があり、

広報ポスターに使用されています。

令和2年度の標語は

『咲かそうよ 笑顔の花を 歯みがきで』

というものでした。



乳児院では、歯が6本生えたら歯ブラシでの歯みがきを始め、

離乳食を食べ始めた子には

専用のガーゼを使って口腔内清拭を実施しています。

幼児には自分磨きをしてもらったあとに、

必ず職員が仕上げ磨きをしています✨

歯みがきの歌や替え歌を歌って磨いたり、

歯みがきに関する絵本を読んだりして

歯みがきの大切さを日々伝えています!


歳を重ねても、美味しいものを

自分の歯で楽しく食べ、

笑顔の花を咲かせて過ごせるよう

子どもの頃からの

習慣付け、意識付けが大切です🌼✨



余談ですが、

ネグレクト(育児放棄)などの子によく見られるのが

むし歯です。

保護者が子どもの歯の健康を保つ必要がありますので

むし歯が放置されている子がいた場合、

きちんと見てもらえていない可能性が考えられます。

虐待の早期発見の1つの目印とも言えます。

歯の状態や手足の爪はお手入れされているか等、

虐待の早期発見については

いくつかサインがありますので、

今後のブログにて取り上げていこうと思います。



≪リンク≫
→日本歯科医師会へ



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

素敵なロゴマークができました!

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼




今日は素敵なロゴマークのご紹介です(*^^*)

すでに各SNSのプロフィールアイコンや背景が

変わっていますので

お気づきの方もいるかと思います。

内原和敬寮の里親リクルーターの

お知り合いの方が作成してくださいました。

素敵なロゴマークを描いていただき、

本当にありがとうございました!!



内原和敬寮と色違いで

素敵なデザインとなっています。


広報活動をする上で、

ロゴマークはとても大切なものです。


今後は、このロゴマークとともに

活動してまいります!

よろしくお願い致します!!


1590980894249.jpg
1590980897300.jpg
1590980887864.jpg




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

🍅🍆6月は「食育月間」🍍🍎

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼




皆さんは食べることは好きですか??

つくば同仁会子どもセンターは

子どもも大人も食べることが大好きです!!

食いしん坊の集まりなんです!!(笑)

今日は「食」について取り上げます!



cook-2364221_640.jpg




毎年6月は「食育月間」です🍚

そして、毎月19日は「食育の日」🍞


『食育は、生きる上での基本であって、

知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、

様々な経験を通じて「食」に関する知識と

「食」を選択する力を習得し、

健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。


農林水産省は、

健康で文化的な国民の生活と

豊かで活力のある社会の実現に寄与することを目的として、

食育の推進に関する施策の総合的かつ

計画的な実施を担う官庁として、

関係各省と連携・ 協力して、

積極的に取り組んでまいります。』

と、あります。


農林水産省が主導となって

厚生労働省や文部科学省などと連携して

食育の推進をしています。

家庭はもちろんのこと、学校や施設など

さまざまなところで食育が日々行われています。

各自治体でイベントを開催しているところもあるようです。




「食育基本法」が平成17年に、

「第3次食育推進基本計画」が平成28年

定められました。

その計画をもとに、6月を「食育月間」としたそうです。

期間中は、

全国規模の中核的な行事として食育推進全国大会が開催されるほか、

全国各地で食育をテーマとした多くの取組やイベントが実施されます。
(今年の第15回食育推進全国大会は中止だそうです。)

食育月間イベントに参加したり、

食育の取組を実践してみてはいかがでしょうか。

出典:農林水産省『食育月間』



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



さて、つくば同仁会子どもセンターでも

食育を実施しています。

毎日の食事のときにも

自然と食育はできているかと思いますが、

畑や庭で野菜や果物を栽培したり

トマトやキュウリなどでグリーンカーテンを作ったり

一緒に調理をすることもあります。


20200515_164811.jpg
みーんなでサツマイモを植えました🍠

IMG_20200511_140610_622.jpg
スイカも植えました🍉

IMG_20200508_112852_605.jpg
グリーンカーテン🍅🥒

20200525_125948.jpg
ブラックベリーの実が順調に大きくなっています!
子どもたちと収穫したらジャムにして食べる予定だそうです😋


楽しい食事を通して

人は豊かに成長していきます。

食事は毎日するものですし、

楽しく豊かな時間にしたいですね!

同仁会ではそれぞれの施設のブログで

日常の様子をお伝えしています。

食育、食事の様子もありますので

リンクからぜひご覧ください!


そして、先日、同仁会の中で

とてもレベルの高い食育をしている施設が

その様子をブログにアップしていました。

皆さんにもぜひご覧いただきたいと思いますので

リンクを貼っておきます!

ただ、人によっては苦手な(鳥肌がたつような)写真もありますので

閲覧する際はご注意くださいませ。。。


「子どもホームの日常」↓クリックして別ウインドウで開きます
🐔『ビア缶チキンと焼き魚』🐟


つくば同仁会子どもセンターでも

さまざまな経験を通して

豊かな食の体験ができるように

していきたいと思います🌽🍽🍖🐟🍚🥐🍜


6月は皆さんも

食について考えてみてはいかがでしょうか😋



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

👶施設のこれから👧👦~茨城県社会的養育推進計画 ③ ~

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼





先日、つくば香風寮の幼児たちが

元気よく外にゴミ捨てにきました。

にぎやかな足音が聞こえてくると同時に、


『おっはよーーー!!♫』


と、それはそれは爽やかに元気よく挨拶をしてくれました(*´▽`*)

元気に挨拶をされると

こちらも元気になりますね🥰

朝からパワーをもらいました🙌✨

ありがとう・・・💓

今日は朝から幼稚園に行きました(*^^*)


20200515_103959.jpg



さて、今回も前回に引き続き

「茨城県社会的養育推進計画」より

施設の今後について取り上げます🌻


これからは乳児院や児童養護施設の

高機能化及び多機能化、機能転換が求められています。



〇一時保護機能の充実強化

県内には一時保護所が1か所ありますが
男子学齢児12名・女子学齢児12名と幼児6名の
2つのユニット構造になっています。
(定員30名)

一時保護所でも子どもの権利擁護を図るため、
少しずつ環境改善を図ってきました。

しかし、まだ課題はあります。


そのため・・・

・保護した子どもの行動観察や短期入所指導を
効果的に行うために
一時保護所の人員配置の見直しや環境整備等を行い、
一時保護所の機能強化を図る。


児童養護施設に一時保護専用施設を設置し、
一時保護所での保護が困難な時に対応できる体制
を整備する。




〇一時保護委託の体制整備

一時保護委託については、子どもの状態に応じて
可能な場合は里親への一時保護委託を検討します。
緊急保護のため委託先の里親が即座に見つからない場合や
虐待の影響により心身の疾病や傷害があるなど
よりきめ細かで専門的なアセスメントが必要な場合には
施設への一時保護委託を検討しています。

平成30年度の一時保護委託(里親や施設)は5年前と比べて
2倍以上に増加
しており
一時保護所で保護した人数を大きく上回っています。

単純に保護するだけでなく
一時保護中の行動観察を伴うなど
専門性が求められます。


緊急保護が多いので、すぐに委託先の里親が
見つからないことが多いです。

乳児院や児童養護施設への一時保護委託についても
受入れのための職員体制を維持できないことや
その施設に入所している子どもと
一時保護された子どもが一緒に生活をする環境
になり
双方への影響が大きいことなどの課題があります。

義務教育中の児童が在籍校から離れた場所で
一時保護となった場合、
転籍できないことから
学校に通学できない期間が生じる場合があり
学習権を保障する方策が必要です。



そのため・・・

・一時保護が必要な子どもの行き場がなくなることがないように
十分な受け皿を確保

・施設等での一時保護委託については
一時保護に必要な支援が行われるよう
施設職員向けの研修や関係機関との連携強化を図る。

・一時保護の目的を達成した上で、
一時保護中であっても
それまで通っていた学校への通学に対応できるように
登録里親と一時保護委託の協力体制の構築について
検討を進める。


・安定した一時保護の受け入れ体制を整備するため
児童養護施設の定員外に
一時保護委託専用施設の設置を目指す。


【目標指標】
一時保護専用施設
令和元年度 0か所
  ↓
令和6年度・令和11年度 5か所




〇施設退所者等に対する自立支援の充実

施設等に入所中の子どもに対する
就職に必要な資格取得費用

児童養護施設等を退所して就職
又は大学等に進学した者に対する家賃、生活費の貸付け
については
(保護者等からの経済的な支援が見込まれない者に限る。)
茨城県社会福祉協議会が実施主体となり
茨城県が自立支援資金の貸付けに当たって
必要な指導・助言をしています。

児童養護施設等に入所している子どもに対して
就業促進のための
運転免許取得費用の一部助成を行っています。

引き続き支援が必要な者を対象として
22歳の年度末まで生活費や居住費の補助を実施。

平成30年度から
「児童養護施設退所者等アフターケア事業」を
内原和敬寮が受託。(内原和敬寮アフターケア相談所あいびー)
社会的自立に向けての相談・支援の実施。


平成31年3月31日現在
自立援助ホームは県内に5か所
↳義務教育を終了した満20歳未満の児童等や
大学等に在学中で満22歳になる年度の末日までにある者であって
(満20歳に達する日の前日にホームに入居していた者に限る)
児童養護施設等を退所したもの又は
その他の都道府県知事が必要と認めたものに対し
これらの者が共同生活を営む住居において
相談その他の日常生活上の援助、生活指導、
就業の支援等を行う事業のこと

平成29年度から
自立援助ホームに心理担当職員を配置し
心理面から入居児童の自立支援を実施


「里親や施設から、就労や進学ができればうれしい」
「社会的養護の子どもたちが
将来使える支援などが事前に分かっていれば
進学を前向きに検討するなど
進路の考え方も変わってくると思う」
などの当事者の意見がありました。


そのため・・・

・児童養護施設等を退所する子どもの社会的自立に向け
入所中の相談体制及び
退所後のアフターケアの充実
を図る
などの支援に取り組む。

・当事者である子どもたちに
自立支援施策について広く周知する仕組み等について
必要な検討を行う。

・大学等就学中の生活支援や
心理的支援
などを行う。

ホームの運営や整備等に対して支援


≪出典≫
茨城県『次世代育成プラン』



以上、数回にわたってお送りしてきました。

社会的養護全体の動きが変わろうとしています。

新型コロナウイルスの影響もあり

社会全体がいろいろな面で変化せざるを得ない状況です。

各関係機関が連携して

しっかりと子どもたちを支えていけるよう

それぞれの役割を果たしていきたいと思います。

日本一、子どもを産み育てやすい県を目指して・・・🗾




最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

👶里親や施設のこれから👧👦~茨城県社会的養育推進計画 ② ~

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼




今年も、この時がやってきました。

そうです。ツバメさんやハトさんの物件探しです🏠

つくば同仁会子どもセンターの渡り廊下は

この辺では有名な優良物件らしく、

ツバメさんやハトさんの下見が毎日あります🕊

鳥さんたちには申し訳ないのですが、

子ども達も通る場所ですので

キラキラテープで対策をとることにしました。



20200528_113334.jpg
我らが事務員さんががんばってくれました👏!
「クリスマスみたーい!」と子ども達もうれしそう🎄




さて、今回は前回に引き続き、

「茨城県社会的養育推進計画」より

里親・乳児院・児童養護施設等の今後について
取り上げます。




〇必要な里親数の確保
平成31年3月31日現在

茨城県の里親登録数

養育里親…190組
専門里親…11組
養子縁組里親…99組
(うち52組は養育里親と重複)
親族里親…14組

となっています。
合計で262組です。

養育里親190組のうち、73組については
子どもの委託が困難な状況
(連絡不可、受け入れ不可の意思表示あり)
となっています。

117組の委託可能な養育里親(ファミリーホーム含む)のうち、
実際に児童が委託されているのは70組ですので
59.8%の割合です。

養子縁組希望や性別、対象年齢の希望などから
里親委託に結びついていない現状にあります。


今後、里親等委託を推進するためには
子どもを幅広く受け入れることができる
「養育里親」を中心に里親等を確保
する必要があります。


社会的養護経験者インタビュー調査では
「里親制度がよいかどうかは、委託される里親によると思う。
里親の数を増やすときに、人間性を確認したり
養育里親としての専門的なスキルをきちんと身に付けているなど
質も考えてほしい
」との指摘もあったそうです。


今後の方向性としては

・「養育里親」を中心として
社会的養護の受け皿となる里親等を確保

・里親登録に必要な研修では、
養育里親に必要な専門的なスキルや心構えを習得できるよう
研修方法や内容について検討


・児童の養育に係る専門性や経験を有する乳児院
及び児童養護施設、茨城県里親連合会などの
関係団体と連携を図り
ながら
里親制度の普及活動やリクルート活動を実施し
社会的養護の受け皿となる養育里親の確保を図る


【目標指標】
養育里親の登録数

令和元年度…117組
(委託可能な養育里親数)
  ↓
令和6年度…405組
  ↓
令和11年度…662組

※目標値は「里親等委託が必要な子ども数」及び
「平成30年度の委託里親の割合(59.8%)」を踏まえて算定



〇特別養子縁組等の推進に向けた取組
家庭における養育が困難な場合には
子どものパーマネンシ―保障(永続的解決)となる
特別養子縁組等は有効な選択肢の1つとされています。

特別養子縁組等に関する相談・支援が
児童相談所の業務として位置づけられているので
相談支援体制を検討することが求められています。

茨城県には1か所の民間あっせん機関があるので
連携方策について検討し、
特別養子縁組等の普及促進を図り
ます。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



平成31年3月31日現在

施設に入所している子どもは596人です。

今後人口減少に伴う代替養育を必要とする子どもの減少や

家庭養育優先原則に基づく里親等委託の増加により

施設に入所する子どもは減っていくと見込まれます。

しかし、児童虐待の相談件数の増加に伴い

一時保護件数が急増していますので

ケアニーズの高い子どもに対して

より短期間のうちに集中的に

専門的なケアを提供する施設の重要性


今後も増大すると見込まれます。


〇施設の小規模かつ地域分散化について

小規模グループケア
(定員:乳児院…4~6人 児童養護施設…6~8人)
県内乳児院-2施設3か所
県内児童養護施設-15施設39か所

地域小規模児童養護施設
(定員6人)
7施設10か所

平成31年3月31日現在の状況です。


今後の目標指標としては、

小規模グループケア
令和元年度 42か所
  ↓
令和6年度 61か所
  ↓
令和11年度 71か所

地域小規模児童養護施設
令和元年度 10か所
  ↓
令和6年度 21か所
  ↓
令和11年度 27か所


小規模化、地域分散化を進めるうえで、

・1人ひとりの高い専門性の構築やグループ内での課題が

周囲に伝わりにくいなど職員が孤立しないような工夫が必要

・労働人口の減少もあり、人材確保が非常に難しい

などの課題
が挙げられているそうです。

茨城県も各施設の小規模かつ地域分散化を推進できるよう

支援するとともに、施設整備を進め、

必要な人材確保を支援してくれるそうです。



〇施設の高機能化及び多機能化・機能転換


今年度は里親業務(フォスタリング業務)の一部

里親研修・里親トレーニング事業、里親制度等普及促進・リクルート事業を

県内の児童養護施設がそれぞれ事業委託
しています。


また、児童家庭支援センターが2か所設置されており
(県内の児童養護施設内にあり)

児童相談所の補完的役割や

地域の児童福祉相談、市町村支援、里親支援の役割を

担っています。

そのため、関係機関との連携や

専門性の高いスキルの獲得など新たな役割が求められ、

人材確保と人材育成の課題が挙げられます。


さらに、現状として

施設の空き定員の範囲内で一時保護児童を受け入れており、

一時保護委託のための職員は配置されておらず、

入所している子どもと一時保護された子どもが

一緒に生活をする環境となる等、

子どもに対する負担や影響が大きいことがあります。



【今後の方向性】

・里親業務を包括的に担うことが可能な民間機関を育成し、
将来的に民間フォスタリング機関の設置を見据え
業務委託を推進

令和元年度 0か所
  ↓
令和6年度、令和11年度 5か所

・一時保護が必要な子どもに対して適切な支援が行えるよう
児童養護施設に一時保護専用施設の設置を目指す

令和元年度 0か所
  ↓
令和6年度、令和11年度 5か所

児童家庭支援センターの更なる設置を目指す

令和元年度 2か所
  ↓
令和6年度 3か所
  ↓
令和11年度 5か所

・施設職員に対する研修を実施し、
施設の高機能化及び多機能化に必要な
職員の資質向上を図る

≪出典≫
茨城県『次世代育成プラン』




まだまだ続きますので、今回はここまでとします🌹


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@