FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

児童虐待を考える①~児童虐待とは?~

皆さん、ごきげんよう!
今日もお疲れ様です🌼




徐々に日常生活が送れるようになってきていますね🌞

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

とはいえ、感染予防は引き続き行い、

コロナ前の生活と同じように!というわけにはいきませんが

しっかりと対策をした上で、日常を楽しんでまいりましょう!!



campfire-1031141_640.jpg
※人は焚火を見ると安心するそうです🔥
パチパチという音、煌々と燃える炎、
ゆったりとアウトドアを楽しむのもいいですね(*´▽`*)






さて、今回は「児童虐待」について取り上げます。

昨今、子どもに関するさまざまな悲しいニュースが

報道されており、

心を痛めている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

里親をご希望される方の中にも、

こうしたニュースを見て、「何かしてあげたい!」と

行動を起こしてくださっている方もいます。

私達の広報活動に賛同してご協力してくださる

企業や団体の方々も

少しでも子ども達のためになるなら!と

ご理解・ご協力をしてくださっています。

きっとこのブログをご覧の方の中にも、

何かしてあげたいけど、

何をしたらいいか分からない…という方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

まずは、知ってください。

子ども達にどんなことが起こっているのか、

虐待とは何なのか、

予防するにはどうしたらいいのか。

1人ひとりが知り、考え、行動し、

支え合っていければいいのではないかと思います。




今回から数回に分けて、虐待がなぜ起こるのか、

虐待をされた子どもにはどんな影響があるのか、

虐待を疑ったり発見したりした時はどうすればいいのか、など

児童虐待についてさまざまな観点から

考えていけたらと思います。

今回は、厚生労働省が平成25年8月に発表した

「子ども虐待対応の手引き」を参考にしています。

※今回はさまざまな虐待の具体例なども

そのまま表記しておりますので、

ご覧になるにあたっては予めご注意下さい。





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



①虐待の定義とは・・・?


そもそも虐待とは何なのでしょうか?

何をしたら虐待になるのでしょうか?

“しつけ”として虐待をしてしまう大人もいます。

それはなぜなのでしょう?

「自分もそうやって育ってきた」

と、おっしゃる方もいます。

“世代間連鎖”と言われるものです。
(このお話もまた奥が深いので後ほど…)




児童虐待防止法第2条において、

「この法律において、『児童虐待』とは、保護
(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)が
その監護する児童(18歳に満たない者をいう。以下同じ。)
について行う次に掲げる行為をいう。」
と規定されています。

大きく4つの行為に分けられています

一 身体的虐待
・打撲傷、あざ(内出血)、骨折、頭蓋内出血などの頭部外傷、
内臓損傷、刺傷、たばこなどによる火傷などの
外傷を生じるような行為。

・首を絞める、殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、
激しく揺さぶる、熱湯をかける、布団蒸しにする、
溺れさせる、逆さ吊りにする、異物をのませる、
食事を与えない、戸外にしめだす、
縄などにより一室に拘束するなどの行為。

・意図的に子どもを病気にさせる。  など


二 性的虐待 
・子どもへの性交、性的行為(教唆を含む)。

・子どもの性器を触る又は子どもに性器を触らせるなどの性的行為(教唆を含む)。

・子どもに性器や性交を見せる。

・子どもをポルノグラフィティーの被写体などにする。  など


三 ネグレクト
・子どもの健康・安全への配慮を怠っているなど。
例えば、
(1)重大な病気になっても病院に連れて行かない、
(2)乳幼児を家に残したまま外出する、
なお、親がパチンコに熱中したり、買い物をしたりするなどの間、
乳幼児等の低年齢の子どもだけを家に残したために
火災で子どもが焼死したりする事件も、
ネグレクトという虐待の結果であることに留意すべき。

・子どもの意思に反して学校等に登校させない。
子どもが学校等に登校するよう促すなどの
子どもに教育を保障する努力をしない。

・子どもにとって必要な情緒的欲求に応えていない(愛情遮断など)。

・食事、衣服、住居などが極端に不適切で、
健康状態を損なうほどの無関心・怠慢、など
例えば、
(1)適切な食事を与えない、
(2)下着など長期間ひどく不潔なままにする、
(3)極端に不潔な環境の中で生活をさせる、など。

・子どもを遺棄したり、置き去りにする。

・祖父母、きょうだい、保護者の恋人などの同居人や
自宅に出入りする第三者が
一、二又は四に掲げる行為を行っているにもかかわらず、
それを放置する。など


四 心理的虐待
・ことばによる脅かし、脅迫など。

・子どもを無視したり、拒否的な態度を示すことなど。

・子どもの心を傷つけることを繰り返し言う。

・子どもの自尊心を傷つけるような言動など。

・他のきょうだいとは著しく差別的な扱いをする。

・配偶者やその他の家族などに対する暴力や暴言。

・子どものきょうだいに、一~四の行為を行う。  など



虐待は保護者の意図の如何によらず、
子どもの立場から、
子どもの安全と健全な育成が図られているかどうか
に着目して
判断すべき、とあります。


暴行や体罰を“しつけ”と主張する場合がありますが、
これらの行為は子どもにとって効果がないばかりか
悪影響をもたらすものであり、
不適切な行為であることを認識しておかなければなりません。


≪出典≫
厚生労働省『子ども虐待対応の手引き』



私個人としては、
「自分は絶対に虐待なんてしないから大丈夫。」
という意識が一番怖いと思います。

施設職員として子ども達と接していますが、
日々、子どもへの声かけや対応を振り返り、
周りの職員と共有し、相談したり
対応を変えたりすることもあります。

担当児がどうしても泣き止まない時は
他の職員に代わってもらうこともたくさんありました。

決して子育ては1人ではできないし、

1人でするものではない、と思いました。


周りに頼れる親族がいない、

どこに相談したらいいか分からない、と思っている

保護者の方もたくさんいるのではないかと思います。


全国共通の児童相談所へのダイヤル「189」や

市町村の窓口、お友達、

児童家庭支援センター、児童福祉施設、

保育園、幼稚園、学校、病院、警察、などなど

必ず助けてくれる機関はあります。

私達も積極的に情報を発信していくことで、

困っている方やその周りにいる方が

SOSを出せるようにしていきたいと思います。


次回は、虐待による子どもの影響について、です。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する