FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

児童虐待を考える⑥最終回 ~虐待を予防するには~


皆さま、ごきげんよう!!
今日もご覧いただき、ありがとうございます🌼



先日、法人内の他の施設長が

このブログを褒めてくださっていたことを

人づてに聞きました。

身内からもお褒めの言葉をいただき、

改めて気が引き締まりました!

インターネットですと

相手の顔が見えないので

コミュニケーションの難しさを感じることもありますが

ネットでも対面でも

相手のことを想像し

思いやりの気持ちを持って

言葉を紡いでいくことが大切だと

思っています


パソコンの向こう側で見ている誰かを

想像して

その方々1人ひとりに

届くように言葉を考え、選び、

このブログを綴っています🖋

一筆入魂! という気持ちです(*^^*)笑


小学生の時に習った、

『たった一言が人の心を傷つける

たった一言が人の心を温める』
という

この言葉が忘れられません

言葉の持つ力を侮ってはいけませんね

だからこそ、正しく使っていきたいと思います


広報を担当する者として、

保育者として、

1人の人間として、

日本語の美しさにたくさん触れて

表現豊かに情報をお伝えできるよう

日々精進してまいります!!


dog-4415649_640.jpg
日本情緒あふれる「雨の呼び名」
たくさんありますよね
白雨(はくう) 催涙雨(さいるいう)
時雨(しぐれ) 篠突く雨(しのつくあめ)などなど☔
雨の量や季節によっていろいろあります!✨
日本語は奥深いですね!





今回は、児童虐待を考えるシリーズの

最終回となります

最終回は

虐待を予防するには

どうしたらいいのか?

についてです



前回までの記事もご参考になればと思います👇
クリックして別ウインドウで開きます👀

『児童虐待を考える①~児童虐待とは?~』

『児童虐待を考える②~虐待の子どもへの影響~』

『児童虐待を考える③~なぜ虐待は起こるのか~』

『児童虐待を考える④~虐待のリスク要因~』

『児童虐待を考える⑤~虐待の世代間連鎖について~』



虐待を予防するには

市町村や施設、警察、病院、

学校、幼稚園、保育園などなど

関係機関が連携して

子育て家庭を孤立させることなく

支援していくことが大切であると

お伝えしてきました


啓発活動も活発に行われ

市民意識が高まったことで

虐待の通告が増えているというのも

事実です


子育て家庭に厳しい目を向けるのではなく

温かく見守るまなざしが

もっと増えると

子育てもしやすいのではないでしょうか


子育てをしやすい環境を整えつつ、

子育てのスキルを皆で獲得していくことも

重要かと思います

子育てで得ることができるスキルは

人間関係全般に役立つと実感しています


ですので、子育てを実際にしていない方も

スキルを身に付けてみてはいかがでしょうか💡


厚生労働省が発表している

『子どもを健やかに育むために
 愛の鞭ゼロ作戦』

『愛の鞭ゼロ作戦|健やか親子21』
☝クリックして別ウインドウで開きます

というものがあります


5つのポイントがあるので

ぜひチェックしてみてください!


今後は、子育てにおけるスキルや考え方、

基本的な理論なども

こちらで発信していきたいと思います!


出典:厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/dv/index.html
『児童虐待防止対策』


皆さんと一緒に

今後も学び、成長し、

よりよい社会を作っていきたいですね!✨





最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親支援 つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する