FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

児童養護施設・乳児院ってどんなところ?

ごきげんよう!
里親リクルーターです!


フォスタリングマーク1



今回は、私達が働いている児童養護施設・乳児院について
改めてご説明します。


施設からの里親委託率は全国平均18.3%です。(厚生労働省 平成30年調べ)
国は2024年までに委託率75%を目標としています。

自治体によっては半数を超えているところもあります。

子どものニーズに合わせ、その子に合った環境で育つことができるよう、
里親のもとで暮らす、という子どもの選択肢の間口を広げていけたらと思います。



ではまず、児童養護施設ってどんなところ?

児童養護施設は児童福祉法に定められた児童福祉施設です

第41条:児童養護施設は、保護者のいない児童(中略)
     虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、
     あわせて退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを
     目的とする施設とする。


🍀「社会的養護」~全ての子どもを社会全体で育む~🍀

社会にはさまざまな理由により、保護者がいなかったり、保護者の適切な養育を受けられ
なかったりする子どもたちがいます。「社会的養護」は、こうした子どもたちを、公的責任で保護・養育するとともに、これらの家庭を支援する仕組みです。
 児童養護施設は、この「社会的養護」の仕組みの中に位置づけられています。里親もその一つです。


🍀家庭に代わる子どもたちの家🍀

 児童養護施設は全国に約600か所あり、それぞれの施設の近くには、民家やアパート等を利用したグループホームが増えています。児童養護施設には、保護・養育を必要とする概ね2歳~18歳の子どもたち約2万7千人※が暮らしています。施設への入所手続きは、都道府県等に設置される児童相談所が、公的責任のもとで行っています。
(※厚生労働省調べ、平成28年10月1日時点)


🍀児童養護施設の「養育」とは🍀

子どもたちが、自分の存在を肯定的に捉え、「生まれてきてよかった」と感じられるようになるためには、安心して自分を委ねられる大人(養育者)の存在が必要です。
 心のこもった食事が用意され皆で食卓を囲むこと、部屋がいつも大切に手入れされていること、言葉や振る舞いがさり気なく配慮されていること・・・児童養護施設における「養育」は、これら一見、些細で平凡な日々の営みの中に、実は自然によく考えられた日常生活の積み重ねと、安定した継続を通して行われています。


🍀子どもたちを支える専門職🍀

 児童養護施設では、子どもたちの日々の養育を担う児童指導員や保育士を始め、食事・食育を支援する栄養士や調理員、子どもの心理面をサポートする心理療法職員、地域の子育てを支援する職員など、さまざまな専門職がチームとなって、子どもたちの生活を支えています。
 専門職が連携して子どもたちの養育にあたっています。この専門性の高さが施設の強みであると思います。


🍀職場であり家庭である🍀

 児童養護施設は、子どもたちが日々の生活を送る「家」です。
子どもたちにとって、ともに「家」で時間を過ごす職員は、家族のような存在でもあります。児童養護施設は職場であると同時に家庭であり、職員は職業人であると同時に、子どもに寄り添う一人の養育者でもあります。


🍀児童養護施設で働く主な専門職🍀

□児童指導員/保育士  ……保護者に代わり、子どもの養育の中心的役割を担います。
□家庭支援専門相談員  ……保護者などへの支援を通じて、親子関係の再構築を図り、
                    子どもの家庭復帰などを支援します。
□里親支援専門相談員  ……里親委託の推進や地域の里親の支援を行います。
□個別対応職員       ……虐待を受けた子どもたちに、個別に充実した支援を行います。
□心理療法担当職員    ……虐待を受けた子どもたちなどを心理面から支援します。
□栄養士           ……子どもたちの栄養面や食生活を支援します。
□調理員           ……心のこもったおいしい食事を提供します。
□嘱託医           ……子どもたちの健康をサポートします。
□事務員           ……施設運営の面から、子どもたちをサポートします。


🍀施設の暮らしは特別ではなく、ふつうの生活🍀

「おはよう」のあいさつで一日が始まり、朝ご飯を食べて、歯磨きをしたら、「いってきま
す」と地域の学校や幼稚園へ登校します。学校が終われば、クラブ活動をしたり、友達と遊
びに出掛けたり、宿題や読書をする子もいます。おいしい夕食と楽しい時間を過ごしたら、
「おやすみ」と温かい布団で眠りにつきます。どこの家庭にもある風景が、児童養護施設で
も日々営まれています。
 皆さまの住む地域にも施設で暮らす子どもたちがいるかもしれませんね。


🍀より家庭に近いスタイルへ🍀

児童養護施設は、子どもたちが共同で生活しています。現在、より家庭に近い養育環境を整
えるため、少人数グループでの生活を基本とする、施設の小規模に向けた取り組みを進めて
います。


🍀これからの児童養護施設🍀

施設退所後も子どもたちに寄り添い続けます
 一般的に子どもたちの高学歴化が進むなか、児童養護施設の子どもたちの大学などへの
進学率は、30.8%となっています。自ら希望して就職する子どもたちがいる一方、進学を
希望しながら、経済面や生活面の不安から、断念せざるを得ない子どもたちの就職・進学
という旅立ちを支援するとともに、退所後も子どもたちに寄り添い、アフターケアに取り
組んでいます。


🍀地域の子育て支援の拠点として🍀

 児童養護施設は、施設の子どもたちを養育・支援することはもちろん、地域の子育て支
援の拠点として、さまざまな悩みや課題を抱える子育て家庭を支援する役割を担っていま
す。また、虐待で傷つく子どもたちを減らすため、児童虐待防止の普及・啓発や、相談・
支援の活動にも取り組んでいます。


全国児童養護施設協議会(全養協)HP参照
http://www.zenyokyo.gr.jp




同仁会では、アフターケア事業や発達障害者支援センター、子育て支援活動を行ってお
り、専門のスタッフが相談に応じています。

社会福祉法人 同仁会ホームページ
http://www.doujinkai.or.jp/








続いて、乳児院ってどんなところ?🍼

乳児院は、児童福祉法第37条に規定された児童福祉施設です

第37条:乳児院は、乳児(保健上、安定した生活環境の確保その他の理由により特に必要のある場合には、幼児を含む。)を入院させて、これを養育し、あわせて退院した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設とする。


🌷乳児院は、さまざまな理由で保護を必要とする乳児(必要と認められる場合には就学する前までの幼児を含む)を、保育士や看護師など専門職員が24時間365日養育しています。
だいたい3歳前後までの入所が多く、3歳前後で次の養育者(家庭引き取り、児童養護施
設への引っ越し、里親委託)へ養育を繋いでいきます。


🌷児童養護施設との違いは、看護師が常勤していることです。乳児院では、生理的に脆弱
で、身体発育や健康に十分な配慮が必要な児も多く入所してくるため、看護師の役割は
とても重要です。



🍀社会的養護から社会的養育へ🍀

 近年は、本来の「乳幼児の養育」に加えて、目まぐるしく変わる社会情勢や家族形態・価値観・多様性・地域性などに合わせて、
「家族への養育支援」
「病虚弱児や障害児の養育にともなう医療機関との連携」
「被虐待児の保護とケア」
「里親とのパートナーシップ形成」
「地域の子育て支援」
「一時保護機能の充実」
「入所前から退所後のサポート」など、子どもたちだけでなくその家族が地域で幸せに過ごしていくための支援を担い、未来を見据えて専門性を高めてきました。


 これからも乳児院は培ってきたその専門的機能をさらに高めていくことによって、より地域に根ざした総合的かつ包括的な役割を果たしていきます。



全国乳児福祉協議会(全乳協)HP参照
https://nyujiin.gr.jp





さくらの森乳児院では、

🌷里親支援専門相談員による里親サロンの定期開催

 乳児院を定期的に里親に開放し、里親同士でお互いの養育についての悩みの語り合いや、職員への相談を行っています。(さくらの森から委託された児もいます。)
また、乳児院の子どもたちと触れあう時間を設けている乳児院もあり、社会的養育を必要とする子どもたちについて理解を深める場にもなっています。


🌷ショートステイ事業(近隣市町村との契約による)
 お泊まりも含め、お子さんを短期でお預かりする事業です。
契約している市町村に限られますので、お住まいの各市町村へお問い合わせ下さい。



児童養護施設や乳児院では、皆さまの家庭と同じように
子どもたちと職員が日々、生活を送っています。

家庭的養育を目指して、日々私たちは子どもたちの暮らしを支えるべく
いろいろと工夫をしています。





先日は、香風寮でいなり寿司作りをしたようです♬
子どもだけでなく、大人も楽しんで行っていたのが印象的です♡
大人も楽しむ、ということがとても大切ですね!

「初めての・・・」
https://tukuba3451.blog.fc2.com/blog-entry-191.html




最近の乳児院では、七五三のお祝いをしました!
「七五三祝い」
https://sakura3452.blog.fc2.com/blog-entry-143.html

ハロウィンの様子もとってもかわいいです♡
「trick or treat」
https://sakura3452.blog.fc2.com/blog-entry-140.html





そして、皆さまからのご寄付やご支援にも支えられています。
いつもご理解とご協力をありがとうございます。

今後とも、宜しくお願い致します!

それでは、また!


🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

〇Twitter

@satooya_ibaraki

https://twitter.com/satooya_ibaraki?s=06

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親 リクルート つくば 
@satooyaibaraki

https://www.facebook.com/profile.php?id=100044169817648

facebook.jpg


〇Instagram

satooyaibaraki.tsukuba

https://www.instagram.com/invites/contact/?i=w4hyil541haq&utm_content=bwtdh3x

instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮
https://lin.ee/uBZ5Ge

992ezmsi LINE@


スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する