FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

日本の里親制度・社会的養護のあゆみ①


皆さん、ごきげんよう!




🌸🌸🌸

毎年、この時期になると自分が社会人1年目だった頃を思い出します。

学生を卒業し、これからは社会のために、子どもたちのために

働くことができるということが嬉しくてたまらなかったの覚えています。


新生活に不安と期待を抱きつつ、

やる気と情熱だけをもって新たな世界に飛び込みました👶

1年目は、毎日がむしゃらにやっていたので正直記憶があまりありません・・・(笑)

皆さんは、社会人1年目はどんなことを思っていましたか?

たまには初心を思い返してみるのもいいかもしれませんね♪


そして、新たな仲間との出会いに感謝です!!

ともに成長し、子ども達のよりよい環境作りをしていきましょうね!



fountain-3390911_640.jpg



今回は、里親制度と社会的養護の歴史について

分かりやすくお伝えできたらと思います!


日本では里親制度がどのように展開されてきたのでしょうか?

歴史を学ぶことで、さらに深く里親制度を理解していけたらと思います!



【里親制度の創設期(1945年~1950年代)】
※参考文献の筆者の表現を引用しています。

この時期の里親委託率は上昇。
受託率50%以上を維持していたそうです。


1945年 9月 
戦災孤児等保護対策要綱実施
終戦直後、日本では浮浪児や孤児がさまよい、非行児童が増えました。
このような状況を受けて、緊急的にこの要綱が出されました。
終戦直後の児童福祉行政は、浮浪児や孤児などへの対策と児童の健全育成、福祉増進対策の二つをメインに行われていました。

1947年 5月 
第1回児童福祉週間実施
(以後毎年5月5日~11日までの1週間実施)
子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的としています。
児童福祉の理念の普及・啓発のためにさまざまなイベントを行っています。

 〃  5月 
第1回全国児童福祉大会開催
(以後毎年実施)


 1947年 12月 
児童福祉法公布
「里親」という用語が法律の中に初めて位置づけられました!
里親制度の誕生です!




1948年 7月
こどもの日制定

 〃  10月 
家庭養育運営要綱実施(里親)


1949年 5月 
親元をはなれ他人の家庭に養育または雇用されている児童に対する保護対策実施


1950年 10月 
第1回里親デー実施
厚労省による10月の里親月間、10月4日の里親の日は
この年から始まりました!



≪参考文献≫

貴田美鈴『里親制度の史的展開と課題 社会的養護における位置づけと養育実態』(2019年)勁草書房,pp.67-96

貴田美鈴.“資料1戦後の里親制度・社会的養護の動向年表”.里親制度の史的展開と課題 社会的養護における位置づけと養育実態.勁草書房,2019,pp.28-29



出典:「厚生白書(昭和46年版)“総論 序章 現代における児童問題の意義”」(厚生労働省)https://www.mhlw.go.jp/toukei_hakusho/hakusho/kousei/1971/、(2020-04-04に利用)



以上、里親制度の創設期と呼ばれる時代に起こった

主な出来事をピックアップしました。

長くなってしまうので、

シリーズ化して5回に分けてお送りします🌷

施設というと、戦後のように孤児が多くいるイメージが

まだまだ現代社会には残っているように感じます。


時代の変化とともに、家族のあり方も大きく変わってきています。

施設に入所する子ども達の実情も変化してきました。

そういった点からも考えてみていただけるとありがたいです💡



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼


🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親 リクルート つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@








スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する