FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

日本の里親制度・社会的養護のあゆみ③


皆さん、ごきげんよう!



皆さんは普段、どんな呼吸をしていますか?

普段、意識して呼吸をすることはないかもしれませんが、

たまには深呼吸をして新鮮な空気を

体中に巡らせてみてはいかがでしょうか?

とてもスッキリしますよ!

私が行うヨガも呼吸法がとても大切なので、体を動かしながら

深い呼吸をしていると

身も心もスッキリとして

新しく生まれ変わったような爽快な気持ちになります✨

呼吸法もいろいろあるそうなので、

調べて、実践して、

自分に合った呼吸法を試してみてはいかがですか?





cat-814952_640.jpg


今回も里親制度と社会的養護の歴史について

主な出来事を取り上げます。




【里親制度の見直し期(1990年代~2002年)】


1994年
子どもの権利条約を批准

1994年8月
国際家族年記念第40回里親大会開催

1995年
子どもの虐待防止研究会発足

1999年
「養子・里親斡旋問題の再検討と改革の提言」
養子と里親を考える会

2000年 5月
児童虐待の防止等に関する法律公布

2001年 1月
厚生省から厚生労働省に

 〃  11月
公益財団の認可、公益財団法人全国里親会

2002年 9月
里親の認定等に関する省令(厚労令第115号)
里親が行う養育に関する最低基準(厚労令第116号)
・専門里親、親族里親の新設
レスパイトケア事業の新設


この時期は、1994年に『子どもの権利条約』を批准したことと

児童虐待の社会問題化、施設の量的不足を補うものとして

里親委託が注目されるようになりました。

また、2002年に里親制度が改正されたことにより、

『里親養育は社会的な養育である』ということが位置づけされました。


≪参考文献≫

貴田美鈴『里親制度の史的展開と課題 社会的養護における位置づけと養育実態』(2019年)勁草書房,pp.123-147

貴田美鈴.“資料1戦後の里親制度・社会的養護の動向年表”.里親制度の史的展開と課題 社会的養護における位置づけと養育実態.勁草書房,2019,pp.34-36



時代の流れ、社会の動き、

そして、先人の方々の訴えや活動によって

里親制度が見直されてきました。

今後も、子どものニーズに合わせて変革していくものと思われます。

私達1人ひとりが里親制度を理解し、

考え、行動していくことで

よりよい里親制度となることを願います…🎀




今回は以上です💡


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼

下記リンクのフォローもしくはお友達追加を

よろしくお願い致します!

🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親 リクルート つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@


スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する