FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

日本の里親制度・社会的養護のあゆみ⑤


皆さん、ごきげんよう!



先日、香風寮の子どもに言われてハッとしたことがありました。

何気なくみんなで談笑をしている時だったのですが、

「あーちゃんっていっつも笑ってるよね((´∀`))
(子ども達からはあーちゃんと呼ばれています。)

泣いたりすることはないの?」と、突然言われました。

たしかに、子ども達といる時は楽しくて、面白くて、

いつも笑っています(*^^*) でも、私でも泣く時はあります。

ですが、その子の前で泣いたことはなかったので

ごく自然な疑問だったのでしょう。

「あーちゃんはみんなといると楽しくて幸せだから

よく笑わせてもらっているよ。

でもあーちゃんも泣く時はあるよ。子どもみたいに泣くよ(笑)」

と伝えると少し驚いていました。

そこからどんな時に泣くのか、どんな風に泣くのか、など

いろいろな話をしました。

その子なりの“悲しさ”という感情に対する気持ちを

知ることができました。

普段しないような深い話をした日でした。



children-1879907_640.jpg


さて、今回は里親制度・社会的養護の歴史についての

最後のトピックとなります。


【里親制度推進の加速期(2009年~2019年)】

2009年 11月
国連総会「国連児童の代替的養護に関する指針」を採択
この指針では、代替的養護のあり方について、家庭を基盤とした環境の重視と脱施設化の方向性を示しています。
特に3歳未満の乳幼児の代替的養護は
「家庭を基盤とした環境で提供されなければならない」(国連指針22)としています。

2011年 1月
「児童虐待防止のための親権の在り方」報告書
「児童の権利利益を擁護するための方策について」

 〃   7月
「社会的養護の課題と将来像」報告書

2012年 3月
「里親及びファミリーホーム養育指針」策定

2016年 3月
「新たな子ども家庭福祉のあり方に関する専門委員会」報告

 〃   6月
児童福祉法等の一部を改正する法律公布

2017年 8月
「新しい社会的養育ビジョン」発表
新しい社会的養育ビジョンでは、
第一に目指すべきは家庭復帰、または親族との同居であり、
それが不適当である場合は里親委託等へ、という対応を目指すのが望ましいとしています。



この時期は、子どもの権利条約の批准と

2009年に採択された国連の指針の影響もあり

制度改革が求められていました。

そして、政府主導のもと、日本の制度として

社会的養護を再構築することで

枠組みをしっかりと決めていく流れもあったそうです。

最後は近年の社会的養護の動きにおいて、

一番大きな衝撃を与えたであろう「新しい社会的養育ビジョン」の発表です。

こちらについては、今も議論がなされているところであり、

今後の里親制度、社会的養護を語るうえで

欠かせないビジョンとなっています。

こちらで詳しく取り上げるには時間も議論も必要な内容ですので、

控えさせていただきます。



≪参考文献≫

貴田美鈴『里親制度の史的展開と課題 社会的養護における位置づけと養育実態』(2019年)勁草書房,pp.173-211

貴田美鈴.“資料1戦後の里親制度・社会的養護の動向年表”.里親制度の史的展開と課題 社会的養護における位置づけと養育実態.勁草書房,2019,pp.37-38


以上、簡単にですが、

戦後から現在に至るまでの里親制度と

社会的養護のあゆみをまとめさせていただきました。

今後、さらに里親制度推進の動きが進んでいくと思われます。

それに伴い、乳児院や児童養護施設のあり方も変わっていくと思われます。


立場や役割は違えど、

子ども達がより暮らしやすい社会、

より子育てのしやすい日本を目指して、

協働していけたらと思います。


ともに考え、ともに行動していきましょう!🎀



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼


🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親 リクルート つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@




スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する