FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

これまでの里親支援活動 ① 養育相談と自立支援

春風の候、いかがお過ごしでしょうか。


里親リクルーターのMです(・Д・)ノ


親ブログであるつくば香風寮のブログsofaではつくば香風寮の里親支援活動の様子を度々報告して参りましたが、


今回は万を持して、新しいブログでもその活動を報告していきたいと思います\(//∇//)\



paper-3213924_640.jpg




つくば香風寮として、茨城県より里親支援機関に認定されてから4月で6年目に突入します。


昨年は新たにフォスタリング事業の一つである、


【里親制度普及促進・リクルート事業】を受諾致しまして、


里親制度の広報リクルート活動におきましても、さらに力を入れていくことになりました。


もちろん、受諾前からも広報リクルート活動は積極的に活発に行ってきたことは、


親ブログでの投稿でもわかって頂けていると思います。


これからも頑張っていきますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3





さて、当初は何をやっていいかわからず手探りの中、地域の里親会活動に飛び込み、


いろいろ話を聞くところから、つくば香風寮の里親支援事業は始まりました。


その中で何か自分にできないことはないかと考えた結果、


やはり子どもの養育で悩む方が多い現状、


子どもの養育について少しでも力になれることはないか、施設養育で得た経験が活かせないかと考え、


養育相談自立支援(専門的な事業所と連携)をメインとした


今の活動をスタートさせました(*^_^*)


施設入所してくる子どもは虐待の傷を負っていたり、大人への不信感に満ちていたり、他者とのコミュニケーションに


課題を抱えていたりと、大人としては安定した生活の提供と共に、治療的養育の環境の整備専門的なケアの質を上げていくことが重要となっています。


私としては里親家庭においても、安定した家庭環境の提供と、適切なアセスメントをから見られる子どもの見立てを共有し、


子ども一人一人のストレングスを肯定的に認め、ペアトレ理論の養育姿勢をベースに、


少しでも里親さんの力になれるよう養育相談に携わってきました。


おかげさまで、地区里親さんにおいては一定の信頼を頂けるまで至ったかと感じています((⊂(^ω^)⊃))



また、自立支援においても、施設からの就労・進学を支援してきた経験と奨学金情報をもとに、里親さんにおいても高校3年生の


スタートの時期から、進学・就労にむけたスケジュールを立て、支援してきました。


18歳で社会にでることは精神的にも経済的にも困難があります。


それを豊富な情報量をベースにサポートしていくことが自分たちの役割と考えています。


また、少しでも多くの子どもが自己実現できることが、子どもにとっての最善の利益だと考えます。


奨学金・助成金の情報がないばかりに、知らないばかりに子どもの進学のチャンスを逃させてしまった・・・


そのようなことのないように、サポート側はしっかりと情報の把握と提供が必要になってきます。
(サポート側も勉強ですね)


子どもの自己実現のサポート、その意識を忘れずに、今後とも取り組んでいきたいと考えています。


次回は、里親サロン・里親交流会について書いていきたいと思います。




スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する