FC2ブログ
 

つくば香風寮の里親支援活動日記

🎀令和2年4月から変わったこと②🎀

皆さん、ごきげんよう!

今日もお疲れ様です!



この時期、草むしりで汗を流す方も多いのではないでしょうか(;^ω^)

つくば同仁会子どもセンターの敷地内も

雑草が毎年生えてきます🌱🌱🌱

職員が時間を見つけて草刈り機を使ったり

コツコツと草取りをしたりしていますが

毎年、雑草との大変な戦いが繰り広げられています…

アスファルトを突き抜け、深く根をはる草たち…

時には子ども達も手伝ってくれ、総動員で草取りをしています。

雑草の強い生命力に関心しながらも、

今年もみんなで一緒に、がんばります!



grass-cutting-828544_640.jpg



さて、今回は令和2年4月から変わったこと
の第2弾をお伝えします。

令和2年4月より、
特別養子縁組についての民法が改正されました。
新しい民法は令和2年4月1日より施行されています。


そもそも特別養子制度とは、
家庭に恵まれない子どもに新たな養親子関係を築き、
温かい家庭環境の中で健全な養育を図ることを目的とする制度です💡

特別養子縁組は、家庭裁判所の審判によって成立します。
縁組が成立すると、それまでの親子関係はなくなり、
養親子は原則として離縁することができなくなります。

このような唯一で強固な親子関係を築くのが
特別養子縁組の特徴です。

里親制度とはまったく違いますね💡

特別養子制度は(昭和62年)1987年に創設されたものですが、
児童福祉の現場からは制度上利用しにくい点があるとの指摘がありました。
今回の見直しは、指摘のあった利用しにくい点を解消して、特別養子制度の利用を促進しようとするものです。


改正ポイント①
(養子となる子どもの年齢の上限引き上げ)


改正前・・・原則6歳未満

改正後・・・原則15歳未満



改正ポイント②
(特別養子縁組の裁判手続の合理化)


改正前・・・
・必ず養親候補者が審判の申立てをしなければならない。
・養親候補者は、裁判所から実親による子育てが著しく困難又は不適当であることを明らかにする資料の提出を求められることが
ある。
・実親は、いったん特別養子縁組に同意しても、いつでも撤回することができる。

改正後・・・
・手続の一部については、児童相談所長が申立てをすることができる。
・実親による子育てが著しく困難又は不適当であることを明らかにする資料は、児童相談所長も提出することができる。
・一定の場合には、実親がした特別養子縁組についての同意は撤回することができなくなる。



出典:「民法等の一部を改正する法律(特別養子関係について)」(法務省)
(http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00248.html)(2020年04月10日に利用) 

このように変更されました。
改正のより詳しい内容については上記の法務省サイトにてご覧いただけます。

※改正の内容については、現在進行中の手続に関しては改正前の内容がそのまま適用されるそうです。


今回の改正によって、より多くの子ども達にも

里親家庭で育つことができる可能性が広がりました。

子ども達の福祉のため、よりよい環境で育つ権利を実現するため、

大きな一歩となったのではないでしょうか。

あまり大きく社会での話題とはなっていませんが、

社会的養護はよりよく変わってきていると感じます。

そのためには、当事者や施設関係者だけでなく、

一般市民の皆様のご理解とご協力も必要です。

今後も、児童福祉に少しでも尽力できるよう、

私達も引き続きがんばっていきます!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう🌼


🌸里親リクルート つくば香風寮のSNSです🌸

里親制度について知りたい!

イベントや研修、勉強会などで制度説明をしてほしい!など

どんなことでもかまいませんので、

お気軽にお問合せください!

〇Twitter
@satooya_ibaraki

つくば香風寮 Twitter


〇Facebook
里親 リクルート つくば 
@satooyaibaraki

facebook QRコード


〇Instagram
satooyaibaraki.tsukuba

Instagram.jpg


〇LINE@
里親リクルート つくば香風寮

992ezmsi LINE@

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する